食材宅配サービスの利用には入会金 年会費がかかる場合があります

食材宅配サービスの利用には入会金 年会費がかかる場合があります

食材宅配サービスを選ぶ際にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。比較したい点や選び方について解説致します。

カタログショッピングサイトの「ベルーナ」が運営する、調理済みの食材がメインの食材宅配サービスで、お酒やお花なども取り扱っています。

食材宅配サービスの利用には入会金、年会費がかかる場合があります。入会費、年会費の有無は会社によって異なります。会員のみがお得に買える商品があるなど、年会費を支払ってもメリットのある仕組みとなっていることが多く、また、パルシステムやコープデリなど、生協の宅配サービスの利用には生協の運営資金として加入時の出資金が必要となっていますが、退会時には返金されます。入会金、年会費を支払ってまで利用するメリットがあるのか事前に確認してみて下さい。

オイシックス食材宅配サービスのミールキットには定番メニュー、週替わりメニューなど様々な組み合わせの食品で、飽きこない食事内容になっています。一流生産者1000軒と直接契約し、宅配される野菜は農薬を使用しないことを目指してできるだけ農薬を抑えて栽培しています。畜産物の飼育は、できるだけ自然に近い環境で育てられた、育て方や飼育場所などの素性が明らかな畜産物のみを取り扱っています。

ヨシケイは創業40年以上の夕食食材宅配サービスのパイオニア、日々約50万世帯に食材キットや冷凍弁当を届けしています。栄養士監修の豊富なコースが揃っており、子育て中のママ向け、カット済みの野菜、流行メニュー、短時間で出来る料理キットなど、ライフスタイルに合わせて選ぶことが出来ます。レシピと必要な食材を使い切りの量だけ宅配してくれるので、共働き家族をはじめとした買物や調理に時間を取るのが難しいご家庭におすすめです。

価格が安い食材宅配サービスなのかどうかは商品の価格だけでなく、入会金、年会費、送料も加えた料金でチェックしてみて下さい。会社によっては入会金、年会費がかかる場合があり、送料は自社配送、宅配便、また1回の購入金額によっても異なってきます。特に送料は購入金額によって大きく違ってきますので、安いかどうかはトータルの料金で確認してみましょう。

ビオ・マルシェは関西で30年以上有機野菜、有機加工品に特化した、週一度お届けする食材宅配サービスです。一番の特徴は、お届けする野菜は100%、有機JAS認定を取得した「本物の有機野菜」という点です。有機野菜は、原則として農薬も化学肥料も2年以上使っていない畑から収穫された農作物で、栽培期間中は、他の畑からの農薬の飛散を防いだり、他の農産物と混ざらないようにしっかりと管理を行っている国が定めた有機JASの基準をクリアした信頼度の高い農作物をお届けしています。

ここでは、ミールキットがおすすめの食材宅配サービスについて、概要を比較表にまとめてみました。

食材宅配サービスと一括りにしても、様々なサービスがあります。

食材宅配サービスを利用する際に、多くの人は「楽だから良さそう!」と思う人も多いですが実際に始めてみると「あれ?」と思うこともあるので、特徴をよく知った上で利用を検討してみてください。

ワタミの宅食は豊富なメニューとバランスの良さで、食材宅配サービス8年連続売上シェアNo.1で累計6億食突破。担当の「まごころスタッフ」が手渡しを基本に、日替わりの夕食、食材ミールキットを5日間毎日宅配します。毎日安心して召し上がっていただけるよう、管理栄養士が塩分やカロリー、品目数に配慮しながら献立を設計しています。

大地を守る会は、1975年設立、40年以上の歴史を持つ有機野菜・食材宅配サービスのパイオニアです。旬のオーガニック野菜やくだものはもちろん、ひと味で料理が変わる調味料やこだわりの大豆からつくる豆腐、無添加のレンジで温めるだけのおいしいお惣菜など、カラダにいい、安全でおいしい食品をお届けするおすすめの食材宅配サービスです。

食材宅配サービスは基本的に定期便での利用となっています。一定期間毎に旬の野菜や食材をセットにして定期便が宅配してくれます。会社によっては単品での購入が可能なサービスもあります。商品は定めた期間に合わせて定期的に送られてきますが、配送の一時停止や退会なども都合に合わせて行えます。

レシピはわかりやすく、料理に自信のない方でも安心して利用出来ます。お届けはヨシケイのスマイルスタッフが直接届けてくれる食材宅配サービスです。

宅配食材には旬野菜と定番食材コース、らでぃっしゅぼーやがおすすめする選べるバラエティコース、調理に時間のかからない野菜や惣菜が入った選べるミールKITコースなどがあります。らでぃっしゅぼーやの食材宅配サービスで取り扱う加工品の原料にはできるだけ国産の食材を使うこと。有機JAS認定品やオーガニック原料を積極的に取り入れることなどが加工品に対して掲げる第一の柱です。食品添加物はできるだけ使わず、使うときには指定のものに限っています。全国約2400軒の農家と契約し、RADIX基準という独自の環境保全型生産基準で安全安心の食品をお客様に提供しています。